マイホーム作りはじっくりと

マイホーム作りはじっくりと

1年前にハウスメーカーで念願のマイホームを建てました。
見学に行って建てよう!と決めてから引っ越しするまでを実体験を元に書いていこうと思います。

 

まずは建てた家の情報ですが、鉄骨造2階建の4LDKで敷地面積約60坪、建物30坪です。
土地から購入したので高くなってしまいましたが、大体4000万ちょっとでした。

 

建てようと思ったきっかけは、前までマンションに住んでいましたが、家賃わ払うだけで自分のものにならないし、家でできる事が限られてしまうと思ったからです。たまたま金利が低い事も重なって建てることに決めました。

 

私自身は地元の工務店にお願いしたかったのですが、妻に相談すると、アフターサービスなど建ててしまってからのケアがあるハウスメーカーの方が良いという事でそちらに決めました。大手という事もあり安心感があったのも決め手です。

 

見学に行って見ると、いろいろ悩む事もありました。

 

ハウスメーカーによって、耐震性や断熱性、デザインなど、本当にいろいろな工夫がされていました。
私たちは、最初から家を建てる上で重要視することを決めておいたので、あとはそれにピッタリ合うハウスメーカーを探すだけでしたので比較的早く決まる事ができました。

 

もしある程度の事が決まってないと、見学に行った先で営業さんにかなりしつこく勧誘されます。
契約をしてからはトントン拍子に事が進んでいき、あっという間に上棟になります。

 

契約までに決める事もたくさんあり、何回も打ち合わせに行かなければいけないので、仕事の休みとかは全部打ち合わせに消えて行く感じです。
ただ、その打ち合わせをしっかりしてこそいいうちが建てることをできるので、真剣に頑張った方が良いです。
建物が完成するととても嬉しいです。
(あとから知人に聞いたのですが、スーモカウンターに一度参加しておくと良かったです。)

 

予算に関しては、最初の契約と比べると5パーセントくらいオーバーしてしまいました。
予算の範囲でやろうと思うと結構妥協しないといけない点も多くあり、その点は残念でした。
ただ自分で最初から最後まで決めた家に住めるのはとても嬉しいと思いました。

二人目妊娠を機に

我が家は築2年です。

 

それまではマンション暮らしでしたが、2人目の妊娠を機に家を建てる決心をしました。

 

元々上の子が小学校入学までには家を建てようと思っていたので、とても良い機会でした。
また、近所に大型商業施設ができると聞き、周囲の土地の値段が上がりそうだったことにも後押しされました。

 

夫婦で話し合い、家を建てるなら平屋にしようと考えていました。
子どもたちのことや老後のことを考えると階段はないほうが良いと思ったからです。

 

平屋を建てられるひろめの土地探しに難航しました。
探しに探し、いろいろ見て回りました。

 

そして、ようやく納得の土地を見付けました。
静かな住宅街にある90坪弱の土地でした。

 

土地の価格はおよそ750万でした。
周囲の平均的な土地の値段からするとかなりお買い得でした。

 

オーナーさんがお年を召してきたので、どうしても早く売りたいと値下げしたタイミングだったようで、とても幸運でした。
静かな住宅街ですが周辺にはスーパや病院、学校、駅、銀行等が徒歩圏内なので、立地的にも便利なところでした。

 

また、土地の広さ的にも価格的にも大満足でした。

 

建築は地域密着型の小さな工務店にお願いしました。
元々付き合いのある信頼できる会社だったので安心してお願いすることができました。

 

とても親身になって話を聞いてくださいました。
細かいところまで要望をきいてくたさり、わからないところは詳しくとことん教えてくださいました。

 

何度も何度も打ち合わせをしてくださり、理想通りの家を建てることができました。

 

ローコスト平屋の4LDKで、建坪は約40坪でした。
建物の建築料は約1700万円です。
かなり安く作って下さいました。

 

安いのに壁は漆喰、床は無垢材です。
他のメーカーの同値段の家と比べるとかなりの高品質な仕上りだと思います。

 

無垢の床はとても気持ちよくて家族みんなのお気に入りです。
子どもたちも寝転んだり走り回ったりしてのびのび遊んでいます。

 

漆喰の壁も湿気をとってくれています。
予算通りの価格で、大満足の家作りができました。

page top